ゲレ食情報

やぶはら高原スキー場には、場内で食事できる施設が8カ所あります。その日の気分で好きなメニューの店を選んでください!

*本HPに掲載している内容は、メニューのほんの一部です。各店で豊富なメニューを準備しております。

(昨シーズン情報は内容が変わる場合がございます。今シーズンの情報を随時更新していきます)

やぶはら高原スキー場共通

漬物(サービス)

 

スキー場内8店舗全てで提供されています。赤カブと野沢菜を、各々の店舗オリジナルの漬物となります。料理だけでなく自分にあった漬物で、お店をチョイスしても良いかも?

ほとんどのお店がセルフ給仕です、取り忘れなく!

レストランほのぼの

センターハウス内の食堂です。

醤油ラーメン(¥700-)(2018.2.9)

 

やはり麺がシコシコでした、スープも良い意味で平凡な醤油スープで、だれからも好かれそうなお味です。

 

(過去のコメント)

鳥ガラスープのしょうゆ味ですが、味は薄口であっさりといただけます。麺がシコシコでスープに丁度あっています。

山賊焼定食(¥1,100-)   (2018.1.18)

 

今シーズンもガッツリにんにくの効いたお味でした。

食べ応え十分です!

 

(過去のコメント)

山賊丼・山賊カレーと定番の、山賊焼が定食になりました。ニンニクの効いた下味はそのままで食べられます。

カツカレー(¥900-) 

(過去のコメント)

夏場はこだまの森で必ず食べるカツカレーです。カレーは煮込である欧州風のカレーで、子供には少し辛いかもしれませんが大人には程よい辛さです。

器が山賊カレーと同じ物で、ボリュームたっぷりでこの価格です。

山賊丼(¥1,000-)

 残念ながら本年度は提供されていません

(過去のコメント)

 ・昨年と変わらずのボリュームでした。昨年にくらべニンニクが控えめで、ニンニクの臭いが気になる人には、食べやすくなったのではないでしょうか。

 ・ニンニク醤油のたれが効いた山賊焼き(鶏)が、丼の上にはみ出しそうなくらいのボリュームでのっています。ごはんとの間には線キャベツが敷かれており、しっかりと味付けされたボリュームのある山賊焼をあっさりと食べることができます。また食堂内には南蛮タレ・スイートチリソース・マヨネーズ等が置いてあり、こってりと食べたい人は自由に掛けて楽しめます。

 

やぶはら高原山の家

センターハウス前のゲレンデを降りたところにあります。

 

チャーシュー丼(¥1,000‐)(2018.1.27)

 

しっとりとしたチャーシューに濃厚なタレがたっぷりかけてあり、それを刻みネギがさっぱり食べさせます。

かつ丼  (¥1,000-)

 

(過去のコメント)

 ・相変わらずの2段重ね!最後まで食べ飽きない様に、カツの下味が少しだけ強めに調整してあります!

 ・そのままでは丼からはみ出てしまう特大カツが、2段にして丼の上に納めてあります。そしてカツに負けないくらいご飯がタップリで、あまりの量に返ってリピーターを減らしてしまうのではないか?と心配してしまうボリュームです。

カツカレー(¥1,100-)

 

(過去のコメント)

カツ丼から想像すると、カレーもすごい量だろうと想像しましたが予想通りのボリュームでした。木祖村の飲食店では、家庭的な出汁の効いた黄色いカレーが多い中、欧州風の煮込んだ茶色のカレールーでした。のっているカツがカツ丼の半分の量でしたが、全体的に考えると丁度良いバランスだったと思います。

やぶはら山荘

丸山ゲレンデ途中(かなりセンターハウスに近い)にあります。普通の民宿の様にみえて、食堂なのか不安になりますが、しっかり営業されています。

(表の看板の上の黄色いパトランプは点灯してなくても営業されています!)

カツ丼(¥1,000‐)(2018.1.24)

 

今年は卵がゆるめにといてありましたが、火加減は前と同じでトロトロでした。 

 

(過去のコメント)

カツは2段重ねでした。少し甘めのつゆにトロトロのスクランブルエッグ風の卵とじでしあげてあります。ご飯はいい意味で普通盛りなので、余りぎみのカツを単独で楽しんでください!

あんかけラーメン (¥750-)(2018.1.24)

 

 

(過去のコメント)

・熱々です!今年気付いたことは、豚肉が細切れではなく、厚めのチャーシューでした(たぶん?)

 ・鍋焼きうどんと並んで身も心も冷え込んだ時に食べたいメニューです、麺に中華丼風の餡が掛かっており、餡のとろみで最後まで温かく食べられ、体の冷え込みを癒せる一品です。

高原荘

さつきリフト乗り場、斜め向かいの奥まった場所になります。ゲレンデを見ながらゆっくり休憩できる室内デッキ風のスペースがあります。

鳥照焼き丼(¥800‐)(2017.12.30)

 

しっかり煮込んで柔らかくなった、鶏もも肉がのっています。一緒に煮込んだタレがかかっていますが、鳥皮のコラーゲンと肉汁が一緒になった、こごりり状態で、肉と御飯にからみます。

 

 

山賊カレー(¥900‐)(2018.1.13)

 

 山賊焼きが4切れに切り分けられていて、個人的にはの好みの大きさになりました。

(過去のコメント)

・カレーが家庭的な黄色い出汁の効いた、じゃがいも風味のルーになっていました。 あいかわらずこの量とこの味でこの価格???コスパNO.1です!!!

カレーとライスだけで楽しみ・山賊焼を単独(カレーを付けず)で楽しみ・カレーを付けて楽しみ・全てを一緒に楽しみ・・・できれば山賊焼きを、パンフレットの様に5切れぐらいに切ってほしかったけど、ガッツリ食べたい人は大きめに3切れの方が良いのかな?

 

焼肉ライスバーガー(¥350‐)(2018.1.13)

 

 

休憩時のおやつにどうぞ!

 

オムライス(¥800‐) 

 

(過去のコメント)

・デミグラスソースからトマトケチャップに代わっていました

シンプルなケチャップライスを玉子で包み、その上に半熟玉子がのせてあります。ソースはしっかりしたデミグラスソースが添えられていて、思わずハンバーグも食べたくなりました。(でもハンバーグはメニューに無かった様な気が?)

やまびこ食堂

さつきリフト乗り場の真正面の便利な位置にあります。

牛丼(¥800-)(2018.2.2)

 

牛丼の食レポは難しいので、吉野家とすき屋の間の吉野家よりの表現でお願いたします。ただし牛肉は、とってもしっかりとした旨さでした。

 

唐揚げ(¥550-)(2017.12.23)

 

過去のコメント通り、外はカリカリで中はジューシーです。

 

(過去のコメント) 

休憩時のビールのおともに注文しました。廻り(皮)は少し揚げすぎなぐらいのカリカリ感に中はジュウシー・・・ 好みです!

 

から揚げ定食(¥850-)

 

(過去のコメント)ゲレ食の定食としては、リーズナブルなので注文しました。写真だと唐揚げだけのシンプルさで物足りなく見えますが、思いのほか唐揚げにボリュームがありお腹いっぱいになりました。食事と酒(ビール)のつまみを兼ねるメニューです。

とんかつ定食(¥1100-)

 

(過去のコメント)

カウンター横には、とんかつソースと味噌カツソースが置いてあります。気分に合わせて(もしくはハーフ&ハーフで)お楽しみください! 

 

 

カツ丼(¥1,000‐)

 

(過去のコメント)いわゆるオーソドックスなタイプのカツ丼でした。卵の半熟加減がちょうど良く、つゆだくでご飯に汁が染みていました。

 

やまびこ定食  (¥1,000-)

 残念ながら本年度は提供されていません

(過去のコメント)

ゲレンデ食としてはめずらしく、ニジマスの甘露煮がメインの定食です。他にも鱒の卯の花漬・鳥の唐揚げ・山菜の煮物・漬物・味噌汁とついています。単純に食事としても満足できますが、日本酒に合うおかずが多いので、日本酒(熱燗)のつまみとして注文してもよいのでは?

さつき食堂

さつきゲレンデの途中の緩斜面、スキースクールの隣にあります。...

思わず通り過ぎない様に!

カツ丼(¥1000-)(2018.1.3)

 

今シーズンはタレが薄めで甘口になっていました。

 

(過去のコメント) 

汁が卵とカツの厚めの衣にとどまって、少し濃いめの味付けになっていますが、ご飯にはあまり汁がしみてなく白いままで、この対比が個人的には好みです。

 

 

ドテめし(\800)(2018.1.3)

 

(過去のコメント)

・口に入れた後すぐ噛み切れてしまう程の柔らかさ。しっかりと味が付いたモツが食欲をそそります♪

ドテとあるので味噌煮風な味を想像しましたが、実際は醤油系のモツ煮がのっていました。

しっかりと煮込んだ豚ホルモンとその汁が、たっぷりご飯にかかっており、ご飯が先に無くなります。残ったモツはおつまみにどうぞ!

カレーうどん(\700)

(過去のコメント)

だし汁と相性のいい、優しい味のカレーでした。野菜がたっぷり入ったカレーはうどんと合わせるとするする食べられます♪

さつきラーメン(¥700-)

 

(過去のコメント)

・ 麺が中太でちぢれていてシコシコでした。

・鶏ガラ醤油ベースのスープに豚肉とたっぷりの野菜がのったラーメンです。シコシコの中太ちぢれ麺で。ボリュームたっぷりです。

 

ALPEN(アルペン)

昨シーズン外観を改装してリニューアルオープンされました。ヨーロッパ風のレトロなカフェスタイルの作りです。

 

ピザ(¥700-) (2018.3.17)

   

トマトソースに玉ねぎ・ソーセージ・ウインナー・チーズののったシンプルなピザです。

 

お昼ご飯の追加の一品として、シェアしたり。

おやつに(ワインと共に)どうぞ。

 

かき揚げ丼セット(¥750-) (2018.2.19)

   (味噌汁→トン汁 ¥1000-)

 

タップリのごはんにかき揚げが2枚(大きなかき揚げ1枚?)乗っていて、ボリューミーで低価格です。

かき揚げにはたっぷり汁がかかっていて、しっとり系のかき揚げ丼です。

 

味噌カツセット(¥1,000-) (2018.2.13)

   (味噌汁→トン汁 ¥1250-)

 

スキー場内の飲食店では、この店のみ提供されている、味噌カツです。味噌のバランスは相変わらずGOODです

 

(過去のコメント)  

以前に食べた味噌カツ定食の丼バージョンです。

当然ながらご飯と味噌カツの間の線キャベツがいい仕事をしています!

ひらやーちー(¥550-)(2017.12.23)

 

沖縄風チヂミだそうです。

生地に、たこ焼き風の味(カツオ出汁?)が付いており、ソースをかけずいただきました。

 

 

カツ丼(¥1,000‐)(2017.12.18)

 

(過去のコメント)オーソドックスなカツ丼ですが、長ネギ(白ネギ)が多めに入っていました。カツが良い意味でしっかり火が通っていて、少し香ばしく感じました。

鍋焼きうどん(\800) (2018.1.18)

(過去のコメント) 

・出汁の味がしっかりしているけど優しい。冷えた体に染み渡る温かいうどんです。

・ほうれん草が白菜に代っていました。(時期によって違うのかも)個人的には半熟卵を壊さない様に取り皿に移して、具やうどんをすき焼き風に卵につけて味わっています。

・うどんに卵・鶏肉・ほうれん草?・ネギ・えのき・ナルトが入ったシンプルな鍋焼きうどんです。当然ながら熱熱でゲレンデで体が冷え切った時にとても温まる一品です。

 

生ハム&チーズ(¥700-)(2017.12.18)

 

ワインのつまみとして注文しました。生ハム・チーズ共に市販ですが、やぶはら高原スキー場内の飲食店ではめずらしく、ワインの販売を含めて貴重なメニューです。

 

 

 

唐揚げ(¥550-)(2017.12.18)

 

昨年の唐揚げ定食の感想通り、単独でビールのつまみとしてたのみました。片栗粉のきいたサクサクの衣です。

 

 

 

おでん(¥500‐)(2018.1.13)

 

 

休憩時のおやつに、お酒のおつまみにどうぞ!

 

味噌カツ定食(¥1,300-)

 

(過去のコメント)ビールのつまみと食事を兼ねて注文しました。味噌カツは八丁味噌の味付けに好き嫌いがでますが、この味噌は甘さ辛さ味噌くささのバランスが良くカツもしっかりしていて、期待に応えられるメニューでした。

唐揚げ定食(\1000) 

 

(過去のコメント) 

片栗粉が多めの衣がサクサクなタイプの唐揚げでした。

唐揚げ単品が\550‐でしたので、ビールのつまみとして注文してもよいかも?

 

カレーうどん

(過去のコメント) 

野菜と肉がしっかり溶け込んだカレーと、優しいだし汁の味がマッチした一品でした。病み付きになるお味です♪

鉱泉ヒュッテ

スキー場の食堂で一番上にあります。上の方で滑っている、中・上級者が多く集まっている店です。

新しいメニューが増えているようです。

煮込みハンバーグ定食(¥1,100-)(2018.2.5

 

寒いときには、汁物・丼物が食べたくなりますが、結構このメニューも体が温まります。

(過去のコメント) 

・ハンバーグを切った時の肉汁がじゅわっと溢れるジューシーさがたまらない。ごはんと合います♪

ソースやお肉にこだわったハンバーグとのことで、一度焼いたハンバーグにトマトが効いたソースがたっぷりかかっていて、皿ごとグリルで煮込んであります。焼き上がった(煮あがった)ハンバーグの表面に程よくデミグラスソースが浸み込んだ仕上がりです。

スープパスタ・カルボナーラ(¥1,000-)(2018.1.30

 

今年からの?平日限定メニューです。

最初はチーズとミルクのスープで食べて、途中で生卵を崩してカルボナーラに味変して食べてみました。木祖村の特産品・御嶽白菜も入って優しいお味です。

スープまでの飲み干すと、丼を食べたぐらいのボリュームがありますので、お昼にガッツリ食べるメニューです。

焼きチキンカレー(¥1,100-)(2018.1.25

 

今年から土日も食べれられそうですが、ただいま調査中です。 

(過去のコメント)

平日限定のメニューです。お店のお勧めメニューの煮込みハンバーグから想像すると、煮込んでこげ茶色になった、ペッパー系のスパイスの効いた欧州風カレーを想像していました。実際は家庭的な、スパイスではなく出汁の効いたカレーで、焼きチキンの上にチーズが掛かっておりマイルドな風味となっています。

カツカレーうどん(¥950-)(2018.1.10

 

カツはかつ丼と同じサクサクのしあがりです。出汁は焼きチキンカレーに共通する、カレー以外の風味もよくわかるものでした。

 

 

カツ丼(¥1,000-)

 

(過去のコメント)

カツ丼と言えばカツが玉子にとじられたイメージですが、このカツ丼はご飯の上にカツがのりつゆがかけられ、玉子とじが横に添えられた感じです、そのためカツの衣のサクサク感が味わえます。

天ぷらそば(¥700-)

(過去のコメント) 

 以前にカツ丼のコメントをした時に(上記のカツ丼を参照)、天ぷらそばの天ぷらは、丼の端にたててサクサクを保つようにしてあると情報をいただいていたので注文してみました。大きなかき揚げが2ケあるせいもありますが、写真の様に端にたててありました。そして麺は手打ちです! 

ゲレ食情報番外編

ゲレンデ周辺の飲食店(8店舗)以外のお店の情報を掲載します。

焼肉権兵衛

スキー場より南(東海方面)に帰るときに、国道19号を出てすぐにあります。 (不定休 11:00~22:00 LO21:30)

ラーメンや焼肉単品をセットにしたり定食もありますので、帰路に気軽に食事がきます。当然ながらガッツリと焼肉を食ても。

スキーから帰る4時~6時頃は、お客様も少なくゆっくりできます。

まぐろ中トロ角切り定食(\950)(2018.2.22)

 

焼肉屋なのに魚?と思われるかもしれませんが、

こちらのお店は、村内にスーパーもされていて、夜のメニューには、刺身もあります。

餃子(\400)(2018.2.22)

 

具材が小さく切りそろえられていて、ザク切りの食感はありませんが、その分具材が混ざり合って一体となった味付けです。

 

木祖村道の駅・食事処げんき

国道19号沿いの塩尻・松本方面からの木祖村の入口にあります。

 

木曜定休 10:00~16:00)

木曽牛鉄板焼き定食(\1800)(2018.3.7

 

木曽に来たなら、やっぱり木曽牛を食べなければ!

ニンニクの効いたおろしポン酢が、美味しい脂の霜降り肉を、しつかり!あっさり!食べさせます。

 

ミニ山賊定食(\600)(2018.2.25

 

味も含んで、コスパ抜群の商品です!

 

(過去のコメント) 

道の駅の食堂としては初めて、信州ACEプロジェクト・三つ星レストランに認定されたメニューです。低カロリーで減塩で、それでいてしっかりとした味付けで食べごたえ充分です。

味噌川ダムカレー(\800)(2018.2.7

 

黒部ダムのふもとの大町市で提供されている、ダムカレーの木祖村版です。

木曽牛骨より出汁を取ったカレー(ダム湖)、

山賊焼(岩石)きとご飯の堤塘、野菜が森林、ラッキョウが水の流れとの事。そして木祖村ならではのトッピングは、ご飯にのった道の駅オリジナルのピリ辛麹味噌(味噌川ダムだけに)です!

 

志めと

スキー場より車で5~6分程度のところにあります。

(水曜日定休  11:30~14:00 17:00~)

 

手打ち蕎麦を中心として、その他定食メニュー・単品メニューが豊富にそろっています)

 

スキー場より車で5~6分程度のところにあります。

(水曜日定休  11:30~14:00 17:00~)

天ざる蕎麦(\1780‐)(2018.3.13

 

手打ち蕎麦が、ザル2枚ありボリュームも十分でです。

季節によっては、自家製(自家採取)のキノコが天ぷらに加わります。

 

スンキ蕎麦(\760‐)(2018.2.17

 

好き嫌いが出るかもしれませんが、ここの店のスンキは酸っぱ目です。そしてスンキを作る人はこの酸っぱさを競います。

 

(過去のコメント)木曽の名物といえばこれ!不思議とスキー場内のお店には無いメニューです。(よく探したわけではありませんが)

本格手打蕎麦と木曽独特の甘めの汁に、酸っぱいスンキが相まって、病みつきになる味です。

特製海老天蕎麦(\1,300‐)

 

(過去のコメント)スキー場パンフレット掲載のメニューです。この写真以外の説明は不要でしょう!

(けっして丼が小さいわけではありません)

木曽おぎのや

スキー場より10分の薮原宿内にあります

(水曜日定休 11:00~15:00)

手打蕎麦のみせです。営業時間から考えるとスイー場にこられたお客さんは利用し辛いのですが、意外とスキー帰りのお客様も多いようです。

 

彩そば(\1070‐)(2018.2.26

(大盛は+¥300ー・写真は大盛です)

 

蕎麦に汁を掛け、写真上部の物(大根おろし・ねぎ・練り梅・天かす)をトッピングしてたべる、ぶっかけ蕎麦ですが。蕎麦の風味を消さないトッピングの材料や汁で、おぎのやさんの蕎麦の風味が味わえます。

 

 

 

ざるそば(\750‐)

(ざる2枚は¥1500-)

 

麺が細く切そろっています。その風味を生かすための、薄めの汁とあいまって。麺をすすると鼻の奥に蕎麦の風味がひろがります。